賃貸経営にはどんなメリットがあるのか

賃貸経営には長期的に安定した収入を得ることが出来るようになる可能性があります。物件を安く入手出来れば、かなり高い利回りを得ることも可能ですし、土地などの不動産を持っている場合では不動産の有効活用ということにもなります。また、節税効果というものも期待出来ます。これは相続の時だけではなく毎年の仕事としての収入に対する税金についても効果を期待することが出来ます。さらには、ローンを生命保険のように使うことが出来て、保険の代わりとすることが出来るということにもなります。手間をかけないで資産を増やしたり、防衛をしたりするには、賃貸経営というのは、とても魅力的な投資方法ということがいえるでしょう。手間がかからないので、誰でも出来る投資方法ということも魅力です。

長期的に安定した収入となる可能性がある

賃貸経営は長期的に安定した収入となる可能性が高いといえます。住宅に対する需要というのは安定して常にあるので、これで収入を得られるようになるというのは大きな魅力です。基本的に賃貸経営は長期的なものとなるので、一度物件を購入すれば後は何もしないでも賃料収入が得られるようになるというのは大きな魅力です。人気物件を造ることが出来ればかなりの高利回りで経営をすることも可能です。最近では競売物件などで格安で物件を入手することもできるようになっているので、そのような物件を入手して、これを賃貸に回すことで、大きな利益を得ることも出来ます。また、既にある土地などの未活用の不動産を活用して賃貸経営をすることで、何も得られなかったものから、収益が出るようになるというのも魅力です。

ローンを生命保険代わりにすることが出来る

賃貸経営では物件の購入に当たっては、団体信用生命保険というものに加入をしてローンを組むことになるでしょう。そうすると万一の場合があったとしても、物件はそのまま家族に残すことが出来、賃料収入もそのまま家族に入っていくことになります。ローンの残りはこの保険が払ってくれるというシステムになっているからです。ですから、これはまるで生命保険というわけです。これがあるので、安心して賃貸経営をすることが出来るということも魅力です。生命保険が不要となるわけですから、その費用も不要となるわけです。また、節税効果というものもかなり期待することが出来ます。これは相続のときもですが、日々の仕事による収入として計上をすることも出来ますから、他の収入と合わせて大きな節税効果を期待することが出来ます。