賃貸経営で気をつけた方が良いこと

賃貸経営を行うと長期的な収入を見込めるだけでなく、物件も手元にあるため、いざというときは売却して資金を回収することもできます。しかし、メリットだけでなくデメリットもあるので注意しなければなりません。メリットだけに注目して投資を始めてしまうと損してしまうこともあるので、利益が出る見込みがあるのか十分に検討しましょう。注意点として、安定した収入が保証されているわけではないことや賃貸物件の維持費、物件の価格の下落や管理を委託する際の業者選びなど、様々なものがあります。また、賃貸経営が上手くいっているときでも、家賃収入で投資資金を回収するには時間がかかります。すぐに利益が出せるものではないため、長期的な視点で計画を立てて経営していけるようにしましょう。

賃貸経営で収益を得ることができるとは限らない

賃貸経営で家賃収入を得るには利用者が必要であるため、どの物件を購入するかが重要になります。短期的には満室が見込める場合でも、将来的にその地域の需要が少なくなれば空き室が出るようになります。こうなってしまうと、家賃収入が減るだけでなく、物件を売却する際にも価格が下落してしまい、資金を回収できなくなる恐れもあります。物件を長期的に運用することになるため、定期的に修繕費用が発生します。老朽化によって家賃も少しずつ低くなるため、収益は減少します。災害に対する備えも必要になるため、火災保険や地震保険などに入っていた方が安心ですが、この費用も発生します。これらを含めて資金計画を立てなければなりません。また、物件を変動ローンで購入していた場合、金利が上昇すると返済額が増えてしまうことも注意しなければなりません。

賃貸物件を管理する上での注意点

賃貸物件は自分で管理することもできますが、知識がなかったり時間が取れない場合は委託もできます。ただし、家賃保証のある不動産業者であればどこでも良いというわけではありません。満室にするために相場よりも低い家賃設定にされることがあり、収益が悪化します。物件の修繕をする際に業者を指定されて相場よりも高い金額を提示され、断ると契約を打ち切るような業者もあります。そもそもその不動産業者が倒産してしまった場合も保証は受けられなくなります。そのため、実績のある業者を選ぶようにしましょう。また、管理の委託は収益が見込める物件でなければ断られることもあります。委託できる物件は収益性が高く、自分で管理することでより高い利益を出すことができるので、手間と利益のどちらを重視するか検討しましょう。