賃貸経営にはどんなデメリットがあるのか

メリットは長期的な収入として期待することができるのが賃貸経営になりますが、ただ当然デメリットがあります。不動産はこんなはずではなかったということも良く起きやすく、事前にそれを理解しておくことがとても重要になります。先を見通して賃貸経営を始める人も多いですが、誰にも確かな未来についてわかりません。だからこそデメリットを良く掴んでおく必要があります。想定されるデメリットを知っておくだけでも、対策を用意することができますので、しっかりとそれを掴んでおきましょう。デメリットだけではなく、たくさんのメリットもありますが、欠点について考察をしておくことだけで賃貸経営を有利に進めることができます。先を見通した対策を立てておくことをおすすめします。

収入が極端に減るリスクがあるのが大きなデメリット

長期的な収入が得るのが賃貸経営最大のメリットになりますが、入居者が居なければ意味がありません。そのために本当に価値がある物件を抑えることも大切です。不動産会社を仲介して物件を購入することになりますが、ほとんどの業者が悪い点を指摘することが少ないです。よって自分頼りになってしまいます。最近は不動産の知識がない人が経営に参加することも多く、不動産会社に言いくるめられてそのまま購入し、入居者が居ないことで見込んだ収入を得られないことも多々起きています。一通り価値ある物件というものがどんなものであるのかを勉強しておく必要もあります。または信頼できる不動産に詳しい人物を一人用意しておくなども対策として求められるでしょう。知識においてカバーする体制を整えてください。

社会情勢によって影響を受けやすい物件

まだまだ不景気から脱することができないのが日本になっていますが、仮にこれから景気が良くなるようなことがあると、それは賃貸経営にとってプラスになることもあります。特にインフレになるとお金よりも物価の価値が上がることから、購入した不動産にも高い価値が付くことが予想されます。ただしそれだけではないのが賃貸経営におけるデメリットです。購入するときに組んだローンはほとんどが変動型金利になっています。インフレが起きるようなことがあると、総体的に金利が上昇します。そうすることで返済に追われてしまい。予想していた収入が減ることも考えられます。また災害については誰も予想することはできません。保険でカバーするのは当然ですが、ハザードマップなども利用して、今後の予想を立てて物件を購入することも重要です。