賃貸経営を成功させるためのテクニック

賃貸経営には当然のことながらメリットとデメリットがあります。ですから、この差を考えて経営をすることを考えることになります。デメリットを大きく上回るだけのメリットがあり、賃貸経営をするに値すると考えられるときにだけ賃貸経営をすることが大切です。よくあるのは、このメリットについて目が行き過ぎて賃貸経営をしてしまうことがあります。例えば物件に惚れてしまって高い値段で物件を購入してしまうようなことがあります。これは人気物件となり安定した収入が入るということにとらわれてしまい、人気は年々下がっていく可能性があるというデメリットに目が行かなかった時におきます。ですから、賃貸経営というのは冷静になってメリットとデメリットを判断するという判断力が求められることになります。

賃貸経営をすることのメリットは

賃貸経営をすることのメリットは長期的に安定した収入を得ることが出来ることです。競売物件などで物件を安く購入することが出来れば、これを安い賃貸料金で貸し出すことが出来るので、長期的に安定した収入を得ることが出来るようになる可能性はかなり高くなります。また、物件を購入するときに組むローンは生命保険代わりに使うことも出来るので、別に生命保険の費用がかからないということも魅力です。さらには節税効果を期待することが出来て、相続税や所得税などの節税効果を期待することも出来ます。全ては物件を安く購入することが出来ればという条件付きではありますが、これさえできれば物件の維持管理は管理会社に任せることが出来るので手間をかけないで長期的に安定した収入を得ることが出来るようになります。

賃貸経営をすることのデメリットは

賃貸経営をすることのデメリットはリスクがあるということです。100%の確率で成功するというわけではなく、失敗して損失を出すリスクというものは当然のことながらあります。これを回避することが賃貸経営ともいえるのですが、失敗した時にはなかなか収益を出すようにすることが難しいということがあります。賃貸経営においてはいかに初期費用を抑えるかでほとんど成功するか失敗するかが決まってしまい、後でどうにかしようとしてもなかなか難しいということがあります。後でなんとか挽回をするということが難しいのが、この賃貸経営のデメリットということになるでしょう。不動産はその名の通り不動産なので処分するにも何かと面倒な手続きが必要となり、証券などのように簡単に売買がしにくいというのもデメリットといえるかもしれません。